分譲賃貸やペット可な物件など様々な物件の登場

自分に合った物件を不動産会社で探す

様々な特徴

注文住宅の依頼先とそれぞれの特徴

マイホームを建てるとなった場合、その選択肢は大きく分けて分譲住宅と注文住宅の2種類があります。 前者は出来あがっている家を購入するわけですから家を建てた後で自分が期待していたものと違っていたということがないという意味では安心感があります。 しかし、マイホームには自分のこだわりを反映したいという人も少なくないでしょう。その場合は注文住宅を選択するわけですが、問題はどこにそれを依頼するかです。 注文住宅の依頼先には大きく分けてハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つがあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。 ハウスメーカーは品質が安定していて工期も短くてさらにアフターサービスも充実していますが、コストが高くかかる上に設計に関しても画一的で融通のきかない傾向があります。 逆に工務店はコストが安く融通もききやすいのですが、技術にばらつきがあって品質面に関しての不安があります。 設計事務所は設計を専門にしているだけあってデザインの自由度が高くてこだわりの家を作るにはもってこいですが、工期が長期になりがちです。 注文住宅を依頼する際は、それぞれの特徴を見極めて自分に合ったところを選ぶことが大切です。

注文住宅と建売住宅の違い

家をまず建てようとする時、注文住宅にするか建売住宅にするかの選択があります。建売住宅は注文住宅に比べて割安に購入できるので、購入するときにチラシなどで安い物件を見てしまうとついそっちの方を選択したくなってしまいます。 建売住宅が安いわけは、予めデザインや営業などの人件費が削減できるうえ建築資材を一括で購入して安くあげられるなど、少ない予算で建築に取りかかることができるためです。そのうえ他の建売住宅との競合により、自社の物を優先的に売りたいという販売メーカーの思惑もあるためさらに安い値段に設定されます。 しかし建売住宅では注文住宅のように自由に間取りや設備を考えることはできないため、あらかじめはっきり建てたい住宅像が頭にある施主には不向きな選択肢になります。自分で一から家づくりがしたいなら、やはり自由度が高い注文住宅を選んだ方がよいのです。